安心の医療脱毛

医療脱毛後に赤みやヒリヒリが出た時の対処法!

医療脱毛後に赤みやヒリヒリが出た時の対処法! 医療脱毛は効果の高さも人気のひとつですが、施術をしてもらった後に肌が赤くなったりする事もあります。
ヒリヒリと痛みを感じることもあれば、ちょっと赤くなっているのが気になるという事もあるでしょう。
医療脱毛はレーザーを使って熱を肌に加えますので、それが一時的な炎症を起こして発生します。
赤み自体は誰にでも起こりうることなのですが、大体2~3日もすれば引いてきます。
気になるようであれば、帰宅後に保冷材などを使って赤くなっている部分を冷やしてあげると良いでしょう。
ヒリヒリしたりかゆくなったりするのは肌が乾燥しているために起こっていますので、化粧水などを使ってしっかりと肌を保湿していたわってあげて下さい。
それでも赤みが気になるようであれば、脱毛の際にクリニック側で軟膏やクリームなどの処方をしてくれている時もあるので、持っていればそれを使いましょう。
症状が治まらない時にはすぐにクリニックに連絡をして、診察をして対処をしてもらうようにして下さい。

医療脱毛のドクターがいる安心さが人気の秘訣!

医療脱毛のドクターがいる安心さが人気の秘訣! 脱毛はより身近な存在になりつつあり、現在では多くのエステサロンやクリニックで施術を受けることができます。
クリニックで行う脱毛は医療脱毛と呼ばれ、毛根から破壊する強力なレーザー照射が特徴となっています。
医療脱毛はエステ脱毛と比べてレーザーの威力が強く、短期間でより高い脱毛効果が期待できます。
そもそも医療脱毛は医療行為とされており、施術を行うのはしっかりと研修を行ったドクターや看護師などの有資格者のみとなっています。
一方、エステは医療機関ではないため、施術は医療資格を持たないエステティシャンが行っています。
脱毛はリスクを伴い、やけどや毛嚢炎、炎症性浮腫などの肌トラブルを引き起こす可能性もあります。
その際、エステサロンにはドクターがいないので適切な診断を行うことができませんが、クリニックであればドクターによる迅速な対応が可能です。
このように、クリニックには万が一のトラブルにも対応できる環境が整っているため、脱毛に不安を持つ人でも安心です。