打ち漏れは起こりうるのか

打ち漏れは起こりうるのか

打ち漏れは起こりうるのか 医療脱毛は効果的な脱毛手段の1つと知られていますが、もし打ち漏らしがあったらどうしようと考えたことのある方もおられるのではないでしょうか。実際問題として脱毛に打ちもらしは存在します。人の手で行っているものなので、必ずしも施術漏れ無しが確約されるようなことはありません。しかし、医療脱毛は医師が行う医療行為であるため、打ち漏れの発生確率は決して高くないのが特徴です。
とはいえ、100%打ち漏らしがないと言い切れない以上、重要となるのがいかにして施術漏れをカバーするかということです。打ち漏れがあった時にしっかりと施術を行ってもらえるのか、料金は追加で発生しないかといったことが重要となります。ミスが出ないことを前提にするのではなく、施術漏れなどのミスが出たとしてもそれを追加費用無しにフォローしてくれるかということがポイントです。そのあたりを脱毛を受け始める前の段階からしっかりと確認しておくことをおすすめします。

医療脱毛でも肌荒れに注意する

医療脱毛でも肌荒れに注意する 医師が施術を行うので安全性の高い医療脱毛ですが、それでも肌荒れが起きることがあるので注意が必要です。脱毛サロンと比べて高い出力の装置を使用しているので、皮膚の受けるダメージも大きくなります。そのため、一時的に赤みが出たりヒリヒリする、腫れるなどの症状が出ることもあります。この症状自体は珍しいものではなく、心配はありません。医療脱毛では肌荒れを抑えるために施術後にクリームを処方されることがあるので、医師の指導に従って忘れずに使用しましょう。レーザーによるダメージで肌のバリア機能が損なわれており、肌も乾燥しているので、十分な保湿をするなどのアフターケアを怠っていると色素沈着になる原因にもなります。
なお、通常は赤みなどの症状は数日、長くても10日ほどで治まるものですが、あまり長期間続いてしまう、または痛みが強い場合には火傷になっている可能性が考えられるので、施術を受けた医療機関に行って相談すると良いです。