カミソリ負けする肌でもできる?

カミソリ負けする肌でもできる?

カミソリ負けする肌でもできる? 肌が弱いとカミソリを使ってムダ毛を処理すると、皮膚が傷つきヒリヒリ痛くなるケースがあります。このような状態はカミソリ負けと呼ばれる状態で、これが原因でムダ毛処理も億劫になるものです。一方で脱毛サロンや美容クリニックなどで行われる脱毛を行えばそのダメージを最小限にすることができます。特に医療脱毛は効果的で永久脱毛を目指すことができます。

カミソリ負けするぐらいの肌ですから医療脱毛でも肌へのダメージが発生するといったイメージがありますが、実際のところは皮膚に埋まっている毛根部分に対してのみダメージを与える仕組みであるため意外とダメージがないものです。また医療行為として行う脱毛では安全に配慮して行われます。肌の状態が悪ければ行われませんし、施術でダメージを受けそうな場合にはジェルなどを塗って保護します。脱毛後もアフターケアとして保湿剤を塗るなどしてケアしてくれるので、カミソリを行うより安全に行うことができます。

傷のある所や日焼けした箇所には行えない医療脱毛

傷のある所や日焼けした箇所には行えない医療脱毛 安全性に優れた医療脱毛ではありますが、受ける人のコンディションによっては行えない所も出てきます。その一つに傷があり、炎症などが起こっている箇所に対しては照射を行なうことができませんので、その部分をよけて行なうか、予約していた日を一度キャンセルして改めて別の日に受けるかを選択することになります。肌に優しい施術だとは言われていますが、やはり肌に何らかの異変が現われている時にはリスクが高まりますので、避けるようにと説明されるはずです。その異変として多いのが傷であり、日常生活の中でできてしまったものでそれほど酷い状態ではなくても受けられないと判断されることがあります。
医療脱毛は日焼けをした箇所にも行なえませんので、受ける前には肌の状態を損なわないように注意しなければなりません。予約は大分前から取っているはずですが、万が一当日に受けられなければスケジュールがずれてしまいますので、計画通りに終わりません。