安心の医療脱毛

医療脱毛の効果が薄れてしまう生活習慣とは?

医療脱毛の効果が薄れてしまう生活習慣とは? 医療脱毛は永久的な脱毛効果があるとして人気がありますが、お手入れを始めて効果を実感するまでにはある程度の回数が必要となります。
特に1~3回はきちんと毛周期に合わせて2ヶ月に1回ぐらいで通い続けていく事で、段々毛量が減ってきたと思えるようになってきます。
それと並行して、生活習慣にも気をつけておかないとせっかくの医療脱毛の施術効果が薄れてしまうので要注意です。
脱毛を始めると、それ以降は伸びてきた毛があっても抜いたりしてはいけません。
抜いてしまうと、毛周期が変わってしまって、せっかくのお手入れ効果が半減してしまいます。
もしも伸びてきた毛が気になるなら、ハサミなどを使って短くカットします。
日焼けをしたり肌が乾燥したりするのもよくありません。
肌が焼けるとそもそもお手入れができなくなる事もありますので、日焼け対策も行いながら、肌の保湿も行って肌の調子が良い状態を保つ事も、脱毛効果を持続させるには大切なことです。

医療脱毛の効果を上げる生活習慣

医療脱毛の効果を上げる生活習慣 医療脱毛はクリニックに行って受ける施術です。
医師がお肌の状態を確認してくれ、看護師などの医療の資格を持つスタッフが丁寧に施術を行ってくれます。
脱毛はスタッフにやってもらうものだと多くの人が考えています。
確かに、施術中にお客さんがすることはありませんが、生活習慣を見直すことで、脱毛の効果を上げることができます。
まず、医療脱毛で使うレーザーは、黒い色に反応するという性質があります。
ですから、お肌が日焼けしてしまうと、毛と皮膚の区別がつかなくなってしまい、脱毛できなくなってしまいます。
施術期間中は日に焼けないように注意しましょう。
また、医療脱毛のレーザーは、うるおいのあるお肌の方が効果を発揮します。
乾燥していると、せっかくの脱毛効果を下げてしまうので注意しましょう。
また、毛の生え変わりに合わせて施術をするので、毛抜きやワックスで抜くと言うような自己処理を行っていると、毛の生え変わりのサイクルが乱れてしまいます。