安心の医療脱毛

デリケートなVIOこそ医療脱毛がオススメ!

デリケートなVIOこそ医療脱毛がオススメ! 医療脱毛は痛みが出やすいので、デリケートゾーンの施術には向いていないと思っている人は少なくないのではないでしょうか。
しかし実はデリケートなVIOこそ医療脱毛での施術がオススメなのです。
その理由は施術時に麻酔が使用できるという点です。
エステ脱毛と違い、医療レーザー脱毛は医療機関で行われる医療行為であるため、麻酔の施術も可能となっています。
麻酔といっても肌に塗る簡単なタイプのものですが、痛みが強くて我慢できないというような場合には医師や看護師に相談すれば麻酔を使用して痛みを大幅に和らげることができますので、結果的にはエステ脱毛でVIO脱毛を受けるよりも楽に済ませることもできるのです。
また、医療機関で行われる脱毛である以上当然そこには医師が常駐していますので、万が一デリケートゾーンに脱毛による肌トラブルが起こった場合も適切な処置をうけらる安心感もあります。
医療レーザー脱毛=痛いものという先入観からVIO脱毛に踏み切れなかったという人も、こうした医療脱毛の特徴を踏まえて再考してみてはいかがでしょうか。

医療脱毛を行う前日に自己処理が不要な部位とは?

医療脱毛を行う前日に自己処理が不要な部位とは? 医療脱毛では、レーザーを使用して進められることになるのですが、レーザーは黒い色に反応してしまうことから肌表面に黒いムダ毛が残った状態は避けなければなりません。
そのために、どのクリニックで医療脱毛を受けるにしても、事前にカミソリで自己処理をしておくように言われることになります。
ただし、施術を受ける部位の除毛が必要ということになるので、部位脱毛であれば施術を受けない部位はとくに関係がありません。
しかし、脇脱毛であっても二の腕や肩など周辺の部位に毛が残った状態であれば、狭い脇の範囲でしか処理ができないことにもなります。
施術を受ける部位との境目もある程度の処理をしておく必要があります。
また、除毛処理で肌を傷つけてしまった場合には、傷がある部分はレーザーを照射できないことになってしまいます。
ある程度の剃り残しであればクリニックで処理してもらうことができるので、背中など手が届きにくくて無理に肌を傷つけてしまうよりは、クリニックで処理してもらった方が安心でもあります。